元国税調査官の税理士によるセカンドピニオンが実質完全無料!

税理士に対し、こんな
お悩み・不満はありませんか?

  • 税務調査で国税に従うべきと指導されたが、どうにも納得できない

    面倒な税務調査を早く終わらせたい、国税が怖いと思うことがあります!

  • 相続や税務調査がまずい気がするが、相談しても的を射た回答がない

    簡単な記帳代行だけやって金を貰う方が都合がいいため、面倒な提案を避ける傾向があります!

  • 相続対策で大きな節税になると
    提案されたが、料金が高い気が…

    手間がかからないものを、効果的と宣伝して高額な報酬を請求することがあります!

  • 税金の負担が大きく変わる
    スキームであるため、
    他の税理士の話も聞きたい

    税理士の知識は思った以上に狭いため、大きな落とし穴が存在する可能性があります!

国税OBかつ経団連税制研究所出身の
税理士のセカンドオピニオンサービスで
あなたの悩みはすべて解決できます

元国税調査官 松嶋洋

元国税調査官 松嶋洋

平成14年東京大学を卒業後、国民生活金融公庫を経て東京国税局に入局。
国税調査官として、法人税調査・審理事務を担当。
国税局を退官後、経団連関連の税制研究所において、
法人税制を中心とするあるべき税制の立案と解釈研究に従事。
現在は、税務調査対策及び高度税務に関するコンサルティング業務に従事する傍ら、
税理士向けに税務調査対策のセミナーや著作の執筆を行っている。

著書

元国税調査官が暴く 税務署の裏側
最新リリース税制(共著)
国際的二重課税排除の制度と実務(共著) 他多数

連載・取材記事

税界タイムズ31号「ここが知りたい!大きく変わる「税務調査手続」
経済界「元国税調査官が明かす 税務調査の秘密」
レガシィ税務調査研究会「元調査官が事例から紐解く税務調査の現場対応裏表」

サラリーマンが税務調査を受けるとき
税務署にどう対応すべきか
税務調査の現場対応裏表
元国税調査官から明かす税務調査の秘密
中小会計要領を完全マスター

相談料は一律一回あたり
5万円(税抜)となっています
※概ね1時間が目安

相談料は一律一回あたり5万円(税抜)となっています
当サービスは完全返金保証です

当サービスは完全返金保証です 品質には自信がありますので、
回答内容にわずかでもご不満があれば、
理由に関係なく全額お返しします。

当サービスは完全返金保証です

ご相談いただければ、
政務調査に活きる拙著を謹呈いたします。

ご相談いただければ、
政務調査に
活きる拙著
を謹呈いたします。

ご相談いただければ政務調査に活きる拙著を謹呈いたします。

ご相談までの流れ

お問い合わせ

お問い合わせ

下のお問い合わせフォーム よりお問い合わせください。

審査・日程調整

審査・日程調整

内容を審査、当方で対応 可能の場合は日程調整 などをご連絡いたします。

ご相談

ご相談

訪問頂きご相談の上、 お客様に合ったご提案 をさせて頂きます。

相談料は返金します。

回答内容に満足いただけない場合には、
その理由と返金口座を書面に記載して
提出いただきます。
概ね1週間程度で
振込手数料を差し引いた残額を
すべてご指定の口座にお振込みいたします。

サービスにかける思い

税理士の実態は素人以下であることも多い

税理士は税の専門家として知られていますので、税の問題をすべて解決してくれるという印象がありますが、その実態は素人以下であることが多々あります。私が目の当たりにしてきた例としては、誰にでもできる還付申告や節税を、あたかも自分の専門知識で勝ち取ったかのように宣伝して法外な報酬をせしめたり、有効な節税として高額な保険に加入させ、保険会社に処理を一任して楽をしながら、顧客の目の届かないところで保険会社から多額のマージンを懐に入れたりする、誠実さのない税理士が存在します。
加えて、国税にいたため税務調査にも税法にも詳しい、などと宣伝するOB税理士がいますが、その実税法に詳しくなく、かつ国税に圧力をかけて税務調査を乗り切る、といった低レベルな能力しかない者が多くいます。困ったことに、OB税理士と名が付くだけで、信頼性が高いと勘違いしてしまい、法外な料金を搾取される可能性が大きいのです。
結果として、資質のない税理士に、多くの企業が気づかないところで苦しめられる可能性があるのですが、その解決には複数の税理士の意見を聞くしか他にありません。事実、顧問税理士以外の税理士のセカンドオピニオンを聞いたところ、顧問税理士の不適切な処理が明らかになった事例は枚挙にいとまがありません。
このような、本来の税理士制度からはあってはならない事態に対する保険として、実質無料で相談できるサービスを立ち上げました。税理士の言うことが本当に正しいのか、しっかりと吟味してください。ご満足いただけない場合には、相談料はお返しいたします。

お問い合わせフォーム ご相談に来られた方には新刊を謹呈します。